白光を虐げる

― 堕ちたる天人の中より -
 
詩:井口 蕉花
 

木の葉は房ふさと垂れて疲れ
おぼろに懈怠を犯す畏怖の殉爛は
いとけなき白日をもやし
もの戀ふる私の印象のうへに
靭く相觸れて風をば挑む

そこに快樂の靑葉はふかく照りおちて
小腦の響は襲なり
實に瞳は病痕を凝視め
美しく香腮は私の純心に泊て匿れる

されば白光の舌を虐げてものを云はず
鋭き驕る初夏の檉林に幻を盜みきて
孤寂私の掌のうちに靑傷を鬻ぐ
そは情緒の胸に噞ぐべき若き禱りの透明か
そは私の感耽を趁ふて集る死より新らしき夢奥秘である


 

以上、『井口蕉花全集』より
 
 

2021.11.20 Ryo Iketani






カテゴリー: 井口蕉花